• 料金
  • アクセス

背中の痛みについて

姿勢を変えるなど何気ない動きをした時に背中の痛みを感じたり、寒気や痺れも感じる時には内臓に病気が生じていたり怪我をしています。

背中の痛みにより起こりうる病気

背中の痛みにより併発しうる病気

心臓に関係する病気を発病した患者が初期段階に感じた変調として挙げる事が多いのが背中の痛みであり、中でも心筋梗塞もしくは狭心症が生じた患者は何気ない動きをした時のみならず、安静に過ごしている時にも背中の痛みを感じています。

また、30代から50代の男性に多い尿路結石でも背中の痛みを伴うのが特徴的で、尿路結石の場合は背中全体はもとより腰部や脇腹を中心として痛みが起こりやすいのが特徴です。

このような内臓が原因になっている事の他に椎間板ヘルニアのように骨が関係している事もあり、椎間板ヘルニアになっていて椎間板が押しつぶされていたり飛び出している時は背中の痛みに加えて、手足に痺れが起こります。

背中の痛みについては当院にお任せ下さい

椎間板ヘルニアは年齢が若い方々も仕事や日常生活の動作が原因で起こりますが、年齢が高まると骨が弱くなる事で生じる圧迫骨折によっても背中の痛みの原因になります。

圧迫骨折は自身の体重に骨が耐えられずに潰れる骨折を指し、骨の強さが弱くなっている高齢者などにおいては僅かに身体に衝撃が加わっただけでも骨が潰れて圧迫骨折が生じ痛みが起こります。

そして、内臓や骨よりも表面上に近い位置に原因がある病気としては帯状疱疹が存在し、帯状疱疹になると子供の頃に発症した水ぼうそうのウイルスが再度活発になる事で皮膚の表面上に刺激的な痛みが生じます。

つらい背中の痛みでお悩みの方はこだま大地整骨院にぜひ、ご来院ください。
スタッフ一同、貴方の症状が少しでも改善するように全力で施術に取り組んでおります。

こだま大地整骨院へのお問い合わせはこちら

電話予約はこちら WEB予約はこちら
院名 こだま大地整骨院
所在地 〒367-0211
埼玉県本庄市児玉町吉田林124-9
診療時間 午前 / 9:00 ~ 12:00
午後 / 15:00 ~ 20:00
休診日 夏季・冬季休院
毎月1日 研修休み